住信SBIの安い金利とは?

住信SBIネット銀行カードローンの安い金利とは?

住信SBIネット銀行カードローン安い金利コースとは?

注意点

住信SBIネット銀行カードローンには、金利が異なる場合があります。

 

通常のコースは基準金利が年8.99%~14.79%で最大利用限度額が300万円、安い金利コースは基準金利が年0.99%~7.99%で最大利用限度額が1,200万円とカードローン業界でもトップクラスのスペックとなっています。

 

ここでは、驚異のスペックを誇る安い金利についてお話したいと思います。

 

 

適用されるコースは選べない

詳しい比較は後の項目で紹介しますが、住信SBIネット銀行カードローンで適用される基準金利は、同じ借入最低金額(10万円以上~100万円以下)の利用限度額で比較した場合、通常の基準金利が年14.79%なのに対して、安い金利コースではナント!年7.99%と半分近くの金利で済むのです。

 

こんなに金利差があるのなら、誰でも安い金利コースに申し込もうと思いますよね。しかし、残念ながらミスターカードローンのコースは利用者側では選択できないのです。

 

カードローン審査の結果に応じて銀行側が判断するため、申込者の要望は受け入れてもらえないのです。

 

 

所定の条件を満たすと割引金利が

住信SBIネット銀行カードローンは通常コースでは平均レベルより少々高め、安い金利コースでは超低金利なのですが、所定の条件を満たすことで金利を引き下げることができます。

 

まず、SBI証券口座保有登録済である人や住信SBIネット銀行の住宅ローンまたは三井住友信託銀行の商品である「ネット専用住宅ローン(フラット35を除く)」を利用中の人は基準金利より年0.5%の金利引き下げが適用されます。

 

又、住信SBIネット銀行所定のSBIカードを保有し、かつ住信SBIネット銀行を引き下ろし口座に設定している人は基準金利より年0.1%の金利引き下げが適用されます。

 

 

利用限度額と基準金利、適用金利のまとめ

住信SBIネット銀行カードローンの利用限度額と基準金利と所定の条件を満たした際の適用金利をまとめておきます。

 

ここまで少々込み入った内容でしたが、これで少しは整理できると思います。ちなみに、適用金利は2017年2月1日現在の数値です。

 

 

通常ース

【利用限度額】          【基準金利】   【所定条件を満した適用金利】
10万円以上~100万円以下       年14.79%     年14.19%~14.69%
100万円超~200万円以下        年11.99%     年11.39%~11.89%
200万円超~300万円以下       年8.99%      年8.39%~8.89% 

 

 

安い金利コースのスペック

【利用限度額】          【基準金利】   【所定条件を満した適用金利】
10万円以上 ~100万円以下      年7.99%      年7.39%~年7.89%
100万円 超~200万円以下    年6.39%~6.99%  年5.79%~6.89%
200万円 超~300万円以下    年5.29%~5.99%  年4.69%~5.89%
300万円 超~500万円以下      年4.99%      年4.39%~4.89%
500万円 超~700万円以下      年3.99%      年3.39%~3.89%
700万円 超~900万円以下      年2.99%      年2.39%~2.89%
900万円 超~1,000万円以下     年2.49%      年1.89%~2.39%
1,000万円超~1,100万円以下     年2.39%      年1.79%~2.29%
1,100万円超~1,200万円以下     年1.59%      年0.99%~1.49% 

 

 

通常のコースから安い金利コースへ昇格はできる?

 

このように、住信SBIネット銀行カードローンの通常のコースと安い金利では利用限度額や基準金利にかなりの差がありますから、誰もが安い金利の希望するのは当然のことです。

 

しかし、通常のコースになるか安い金利コースになるかは、申し込んでみないと分かりません。

 

審査の結果、通常のコースと裁定されてしまってそのまま契約すると、後から安い金利へ昇格することはできません。

 

又、通常のコースに契約中の人が、再び審査に申し込んで安い金利に挑むことはできません。

 

では、一度通常のコースが決定してしまったら、永久に安い金利へランクアップすることはできないのでしょうか?

 

住信SBIネット銀行カードローンでは、利用限度額の増額は可能ですが、コースの変更については残念ながら認められていません。

 

 

こまめに実績を作ることが大事

住信SBIネット銀行カードローンの審査結果で通常のコースが適用された人は、何らかの要件が不足していたので安い金利に入れなかったわけです。

 

言い換えると、初対面のアナタは収入や属性が安い金利の信用基準に達していなかったのですから、通常のコースが適用されてしまったわけです。

 

じゃあ、対策は?

 

信用実績を作ればいいのです!それには、現在の利用限度額いっぱいまで借りては、きちんと返済をすることを繰り返していけば良いのです。

低金利で人気の住信SBIカードローン
  • ATM利用手数料はいつでも無料
  • 100万円借りても利息は813円から
  • 明細の郵送なし!秘密厳守
  • 利用限度額最高1,200万円
 金利  年0.99%~14.79%
 限度額  最大1,200万円
 最短融資時間  融資申込み時に確認
矢印
申し込み

住信SBIネット銀行カードローン研究記事一覧

カードローンは担保が不要一般的に利用される住宅ローンやマイカーローンなどは借り入れる金額が大きいため、利用者が返済途中で返済不能になった時に備えて担保を設定します。担保とは、辞書の定義では「債務者が債務の保証として債権者に提出するもの」を意味します。つまり、お金を借りた人が返せなくなった時の保証として貸してくれた人に預けておく保証品ということなのです。お金を貸していた人は、お金が返ってこないと損を...

「カードローンを借りたいけれど保証会社の審査が大丈夫か不安で…」「前に銀行でお金を借りようとしたら審査に落ちたことが…」保証会社による審査が不安な方にまずは結論をご紹介します。銀行カードローンの審査で重要なのは「甘い」「厳しい」といった一般的な評価ではありません。安定収入があると認められるかどうか、過去に金融事故を起こしてないかどうかです。そんななかで住信SBIネット銀行のカードローンは実際にたく...

新規契約時の限度額は最低額?カードローンを申し込むと、審査が行われるのは御存じだと思います。カードローンの申し込みのときに借り手と貸し手の間で一番ギャップがあるのが限度額では無いでしょうか?どうせ借りるなら、限度額はあるていど余裕があったほうがいいと考える方も多いはず。逆に銀行や消費者金融の側としては貸し倒れなどのリスクを嫌うためできるだけ限度額を低くおさえようとします。そのため、「この人には、い...