住信SBIカードローンの保証会社の審査は厳しい?

ローンについての理解

保証

カードローン、住宅ローン、マイカーローンなど、私たちの身の回りには「ローン」と名前が付くものが多くあります。ローンとは融資という意味で、日本では金融機関が資金を融資するという「金融商品」を言います。

 

つまり、銀行や消費者金融などの金融業者は、お金を必要とする人に貸すことが仕事であり、利息を付けて返してもらうことで利益を得ているのです。

 

住宅を買うため、車を買うためなど、購入対象を特定して組むローンもありますが、単純に利用限度額を設けて目的を設定せずに自由に利用できるカードローンもあります。

 

 

まさかの時のために担保

住宅ローンやマイカーローンは購入金額が大きいうえに購入対象がハッキリしていますから、万が一、債務者(お金を借りている人)が返済できなくなった場合は、購入対象となる住宅や自動車を差し押さえて売却することで融資したお金を回収することができます。

 

金融業者は、債務者が返済不能に陥った時に債権者(お金を貸した人=金融業者)が損をしないように、お金を借りる際に「お金が払えなくなったら、この家(マイカーローンの場合は車)を売ってお金に換えていいですよ」という契約をしておくのです。

 

この場合、差し押さえ対象となる家や車のことを「担保」と言います。

 

金融業者は、見ず知らずの人に大金を貸すのですから、安心して融資するためには担保という保証が必要ですし、ローン利用希望者も金融業者に信用してもらうためには、それ相応の交換条件を用意しなければ契約は成立しませんからね。

 

 

保証会社って何をしてくれるの?

このように、住宅ローンやマイカーローンは担保を設定することで「どこの馬の骨かも分からない人」にでもお金を貸してくれるのですが、カードローンの場合は少額融資なので担保が設定されることはありません。

 

又、いちいち担保を設定していては時間と手間がかかるので、「この金額の範囲なら自由に使っていいよ(これが利用限度額です)」と承認された金額内で自由に借り入れや返済ができる仕組みになっています。

 

では、万が一の際には、何が担保になってくれるのでしょうか?

 

それが、保証会社なのです。

 

保証会社は債務者が返済不能と判断された場合に、借金を肩代わりしてカードローン会社に返済してくれます。

 

これで、カードローン会社の損害はなくなるので、カードローン会社は保証会社がついていてくれれば絶対に損をすることはありません。

 

ですから、カードローン会社は審査に通った人なら安心して融資ができるのです。

 

 

保証会社に弁済してもらうと借金は帳消しになる!?

 

そんな美味い話は世の中にはありません!そんな事が通用するのであれば、みんながやっています!!

 

確かにカードローン会社の借金は補てんされるので、カードローン会社と債務者の間は清算された形にはなります。

 

しかし、債務者は弁済してもらった保証会社に対して「立て替えてもらったお金」を返済しなければならないので、依然として借金は残ります。

 

つまり借金をした人にとっては、返済相手がかわってしまうだけで、借金が帳消しになるわけではなく、しかも金利が上がることがほとんどなのでより厳しい状況になってしまいます。

 

 

保証会社にメリットはあるの?

カードローン会社と保証会社、債務者の関係は御理解いただけたと思います。

 

カードローン会社は保証会社に保証をしてもらえるのでメリットはありますが、保証会社は何のメリットがあって保証業務を担当しているのでしょうか?

 

実は表面上は明らかになっていませんが、保証会社はカードローン会社から「保証料」という名目のお金をもらっているのです。

 

通常、保証料はカードローンの金利に含まれているので意識されることはありませんが、地方銀行のカードローンには「金利:年○○%(保証料込)」と記載されていることがあるので、そのメカニズムはわかると思います。

 

 

昔はオリックスカード

では、住信SBIネット銀行カードローン(ミスターカードローン)の保証会社についてお話ししたいと思います。

 

昔は「オリックス・クレジット株式会社」や「株式会社ジェーシービー」が」関係していたようですが、現在では「SMBCコンシューマーファイナンス株式会社」と「住信SBIネット銀カード株式会社」が担当しています。

 

 

SMBCコンシューマーファイナンス株式会社

SMBCコンシューマーファイナンス株式会社は三井住友フィナンシャルグループの完全子会社ですが、旧社名「プロミス」と言った方が分かりやすいと思います。

 

プロミスは三井住友フィナンシャルグループの子会社になる際に現在の社名に変更し、自社のカードローンブランドとして「プロミス」の名前を残したのです。

 

同社の審査は、消費者金融の中では厳しい部類と言われているので、審査に臨む際にはある程度の準備と心構えが必要だと思います。

 

 

住信SBIネット銀カード株式会社

住信SBIネット銀カード株式会社は、クレジットカード会社で住信SBIネット銀行株式会社の完全子会社です。
カードローン審査の難易度はインターネット上に情報がないので、詳細は不明です。

 

 

総括

ネット上で住信SBIネット銀行カードローンの審査難易度を検索すると、「厳しい」と「甘い」の両極端に分かれます。

 

これらの情報を詳細に検討しますと、どうやら審査の可否に関して「スタンダードコースにひっかかればOKという意味では難易度は低い」ということのようですし、反対に「プレミアムコースが適用されなかった=プレミアムコースに落ちたと考えれば難易度は高い」ということになるようです。

 

SMBCコンシューマーファイナンス株式会社と住信SBIネット銀カード株式会社で、それぞれプレミアムコースとスタンダードコースを担当しているのか、両社で並行しているのかは定かでありません。

低金利で人気の銀行カードローン
  • ATM利用手数料はいつでも無料
  • 低金利だから借り換えにも最適
  • 明細の郵送なし!秘密厳守
  • 利用限度額最高1,200万円
 金利  年0.99%〜14.79%
 限度額  最大1,200万円
 最短融資時間  最短即日利用可能
矢印
申し込み