住信SBIネット銀行カードローン審査時間は?

住信SBIネット銀行カードローンの審査時間はどれくらい?

カードローンは担保が不要

時間

一般的に利用される住宅ローンやマイカーローンなどは借り入れる金額が大きいため、利用者が返済途中で返済不能になった時に備えて担保を設定します。

 

担保とは、辞書の定義では「債務者が債務の保証として債権者に提出するもの」を意味します。

 

つまり、お金を借りた人が返せなくなった時の保証として貸してくれた人に預けておく保証品ということなのです。

 

お金を貸していた人は、お金が返ってこないと損をしてしまうので、預かっていた担保を売却して損した分の穴うめをするのです。

 

このように、金額が大きい借り入れには担保を設定することが必須です。

 

しかし、カードローンの場合は住宅ローンやマイカーローンなどのようにお金額は大きくありませんし、お金の利用目的も自由(銀行カードローンの場合は事業性資金には利用不可)なので担保を設定することはありません。

 

では、カードローンの場合、借りた人が返済できなくなったらどうなるのでしょうか?

 

 

保証会社が担保替わり

銀行のカードローン業務では、あらかじめ保証会社と契約を結んでいます。

 

もし、契約利用者が返済不能になった場合には、保証会社が残債を肩代わりして銀行に弁済してくれるのです。

 

つまり、保証会社が担保替わりということなのです。

 

銀行の借金は保証会社が払ってくれたので消滅しますが、その代わりに利用者は肩代わりしてもらったお金を保証会社へ返済する義務が発生します。

 

このように、銀行はどんな相手にお金を貸しても保証会社が補償してくれるので、リスクを負わなくて済むのです。

 

 

どうして審査をするのか?

担保がある住宅ローンやマイカーローン、担保がないカードローンなど、お金を借りる際には必ず「審査」という工程を経て可決した人だけがお金を借りることができるのです。

 

では、この審査とは何の目的で行われるのでしょうか?

 

答えは簡単です。「この人は、ちゃんと返してくれるのか?」を検証するためです。

 

まず、「属性(スコアリング)」と呼ばれる審査があります。借りようとしている人に返済能力があるかどうかを調べます。

 

職種や勤務先、勤続年数、年収などの勤務形態、正社員か契約社員、派遣社員などの雇用形態、持ち家か借家かという居住環境などをランク付けして採点します。

 

その他には、利用者がちゃんと返してくれる誠実な人かという「信用情報」の審査を行います。

 

この審査は、個人のクレジットカード利用歴などの情報を一括して記録している「個人信用情報センター」に照会をかける方法で実施します。

 

クレジットカードや公共料金、口座自動引き落としなどで遅延したり滞納していないか、万が一、自己破産歴などがないかを調べます。

 

この2種類の審査で問題が無ければ、晴れて審査に合格ということになります。

 

 

審査をするのは保証会社

このように、お金を貸し出す際には審査を受けて合格しなければなりませんが、審査は銀行が実施するのではありません。

 

銀行はお金を貸す相手は誰でもよく貸倒れても保証会社が弁済してくれるので、審査をする必要がありません。

 

一方で、保証会社は保証金をもらって利益を得ているのですが、借りた人が返済不能になったら自腹を切って銀行の弁済をしなければならないので、カードローンを申込みしてきた人のチョイスは慎重になります。

 

ですから、近年の銀行カードローンの審査は銀行が行うのではなく、保証会社が担当することが多くなっています。

 

そのため、銀行カードローンの審査時間はそれぞれの保証会社の審査スキルによって大きく変わるのです。

 

 

住信SBIネット銀行カードローンの審査は?

住信SBIネット銀行カードローンの審査は「住信SBIネット銀カード株式会社」もしくは「SMBCコンシューマーファイナンス株式会社」が担当します。

 

住信SBIネット銀行カードローンの審査時間は、申し込み完了後、最短60分で登録のメールアドレスとメッセージボックスに仮審査の結果を知らせてくれます。

 

その後、本審査の工程として、本人確認のために利用者の勤務先、携帯電話等に電話連絡を行います。
万が一在籍確認が取れなかった場合は、審査終了となる場合もあるようです。

 

 

最短60分で審査回答って、どういうこと?

住信SBIネット銀行カードローンの審査時間が最短60分というのは、属性、信用情報ともに最高レベルで優良な申込者を審査した場合に申し込んだ場合に60分で回答が出せますということです。

 

ですから、すべての申し込み者に対して60分で審査回答が出るという意味ではありません。

 

60分で審査回答が出るためには、次のような条件が必要と考えられます。

 

 

最短60分審査回答が可能になる条件

申込者の属性が良いこと

職業は医者・弁護士・公務員などで、勤続年数や年収は多いほど良いです。持ち家で居住年数が長いことも好条件につながります。

 

信用情報に問題ないこと

信用情報とは利用者のこれまでのクレジットカードやローンの借り入れや返済歴のことです。返済に対して遅延や滞納がなく、自己破産歴もないことが最低条件です。

 

他社からの借入れがあると審査に時間がかかったり、承認が下りないこともあります。かといって、利用歴が全くない「スーパーホワイト」もいけません。利用歴が無いことは実績がないということなので、一番警戒されるパターンです。

 

審査が混んでいないこと

審査時間に影響を及ぼすのは申込者の要因だけではありません。審査の混み具合も大きく関係してきます。当然ですが、カードローンの申し込みが少なく空いていれば時間は速いですし、逆にカードローンの申し込みが殺到して混んでいれば時間はかかります。

 

「最短60分審査回答」というのは、「これらの条件が整っていれば60分で審査回答が出せますよ」という意味なので、誰でもが60分で審査回答が貰えるというものではありません。あくまでも目安として覚えておいてください。

 

また住信SBIネット銀行に口座を開設していない場合には即日融資は難しくなります。即日でスピード借入れを目指すのではなく、じっくりと条件のいい銀行カードローンを借りたいという方におすすめです。

低金利で人気の銀行カードローン
  • ATM利用手数料はいつでも無料
  • 低金利だから借り換えにも最適
  • 明細の郵送なし!秘密厳守
  • 利用限度額最高1,200万円
 金利  年0.99%〜14.79%
 限度額  最大1,200万円
 最短融資時間  最短即日利用可能
矢印
申し込み