住信SBIネット銀行カードローンのコンビニ入出金は?

コンビニでも出金・入金できる?

コンビニ

住信SBIネット銀行カードローンの利用をする際に覚えておきたいのは、

 

コンビニでも利用が出来るのかどうかということです。

 

今はコンビニでカードローンの利用が出来るのは当たり前になっていますけど、万が一出来ないということも考えられるので、この点だけは事前にチェックしておきたいところです。

 

住信SBIネット銀行カードローンはコンビニでも利用が出来る!

住信SBIネット銀行カードローンはセブンイレブン、ローソンでの利用をすることが出来ます。この2つのコンビニは大手ですし、日本全国各地にあるので「どこにコンビニがあるのか分からない!」ということは、まずないと言えるでしょう。

 

また、気になる手数料ですが、住信SBIネット銀行カードローンにおいては全て無料となっています。ただ、利用するATMがコンビニ以外になってくると6回目からの利用で1回あたり105円の手数料がかかるようになっています。小さな金額ではありますが、それが積み重なると大きな額にもなってくるので、なるべくコンビニATMを利用するようにしましょう。

 

コンビニ以外だとどこのATMが使えるの?
住信SBIネット銀行カードローンですが、コンビニ以外のATMでも利用することが出来ます。イオン銀行もそのひとつですね。ただし、ローソンとセブンイレブン以外だと、手数料が発生するので、利用するメリットはありません。それに、イオン銀行だと場所が限られてくるでしょうから、住信SBIネット銀行カードローンのATMはコンビニ一択で良いと思います。

矢印
申し込み

住信SBIカードローンコンビニ入出金の使い勝手はどう?

スマホ

住信SBIネット銀行のATMはどこにあるの?

住信SBIネット銀行のような店舗を持たない銀行は金融庁の分類では「新たな形態の銀行」と呼ぶようです。

 

従来の銀行とは異なる運営方式で、特に住信SBIネット銀行は店舗だけでなく自社のATMを持たずに預金通帳も発行されません。

 

ですから、街中で「住信SBIネット銀行」という看板やATMを探しても見つからりませんよ!

 

このように、ネット銀行は人件費や店舗の運営コストが不要になるので、住信SBIネット銀行カードローンプレミアムコースのような超低金利なカードローンが実現できるのです。

 

ここまでの文面でお分かりのように、住信SBIネット銀行は自社のATMがありませんから提携ATMを利用することになるのです。

 

 

提携ATMはどこが使える?

住信SBIネット銀行の提携ATMは以下のようになっています。

提携ATM

利用時間

設置場所

イオン銀行ATM 24時間 イオン、ミニストップ
セブン銀行ATM 24時間 セブンイレブン、イトーヨーカドー
イーネットATM 24時間 ファミリーマート、スリーエフ
ローソンATM 24時間 ローソン
ゆうちょ銀行 0:05〜23:55 ゆうちょ銀行、ファミリーマート
ビューアルッテ 始発から終電までの営業時間内 JR東日本構内など

この中で、ゆうちょ銀行とビューアルッテのATMはカードローンが利用できませんのでご注意ください。

 

このように、住信SBIネット銀行の提携ATはコンビニATMを中心に全国で利用可能なので、使い勝手は良いと思います。

 

 

ATM利用手数料はいくら?

住信SBIネット銀行の体型ATM利用手数料は、預入れ、残高照会、カードローンの借入れや随時返済については無料です。

 

預金の引き出しに関しては、取引状況によるランキング(ランク1〜ランク4)に応じて月2回〜最大15回まで無料になります。

 

 

住信SBIネット銀行カードローンはコンビニATMがオススメ

今でこそ当たり前になっていますが、銀行の提携ATMとしてコンビニATMが利用できるのは、非常に便利なことなのです。

 

私の体験談ですが、セブン銀行ATMが導入された当初は、私のメインバンクであった三菱東京UFJ銀行は手数料無料でセブン銀行ATMが利用できていました。

 

残念なことに、地元の三菱東京UFJ銀行には駐車場が無いので、仕方なく2駅ほど離れた駐車場がある支店まで出かけて行ったものなのです。

 

そんな不遇もセブン銀行ATMが設置されてからは、一気に解決です!

 

セブン銀行ATMは手数料が無料な上に駐車場は完備されているので、セブンイレブンばかりに通っていました。

 

おまけに銀行とは違って月末でも空いていましたので、特に給料日には重宝したものでした。

 

でも、その恩恵も数年でなくなりました。セブン銀行でも、ATM利用手数料がかかるようになってしまったのです。

 

しかし、駐車場があるATMの便利さ、近所でお金が下せるありがたさは、一度味わうと忘れられません。結局、私はセブン銀行に口座を作ってしまいました(笑)

 

その点、住信SBIネット銀行なら、回数制限はありますが手数料無料で入出金ができるので、非常に便利だと思います。
ましてや、カードローンは回数制限がなく手数料が完全に無料なので、これを利用しない手はありませんね。

 

 

預金を下ろすよりカードローンの方がオトク!?

ここで、住信SBIネット銀行に関する「裏ワザ」をご紹介しましょう。

 

住信SBIネット銀行カードローンの金利は、プレミアムコースで優遇措置が適用されば金利が年0.99%〜7.99%、通常金利でも1.59%〜7.99%で借りることができます。

 

一方、同行で手数料の無料回数を使い切ってしまうと、手数料は1回につき108円かかります。

 

例えば、手数料無料のカードローンで1万円を借りた場合、1年間借りても利息はたったの99円、1カ月なら8.25円しかかかりません。

 

1.59%の金利でも、1カ月13.25円です。

 

そうなると、コンビニATMで自分の預金を下ろすよりもカードローンで借りちゃった方がリーズナブルということになります。

 

無計画に借り入れることはオススメできませんが、1か月で10回もコンビニATMを利用した場合、カードローンなら82.5円ですが、預金の引き出しだと1,080円にもなってしまうのです。

 

ちなみに、スタンダードコースの金利は年8.99%〜14.79%です。こちらも1万円を1か月借りた時の金利は74,91円なので、手数料の108円よりオトクになる計算です。

 

 

コンビニATMでの入金や出金の手順

住信SBIネット銀行カードローンの入金(随時返済)や出金(借入れ)は、システムメンテナンスの時間(毎週土曜日の24時より数分間)を除いて24時間365日利用することができます。

 

コンビニATMからの入出金の操作方法は、以下の手順になります。

  1. カードをATMに入れる → 取引内容選択画面が表示される
  2. カードローンを選択する(カードローンボタンを押す)
  3. 「借入れ」または「返済」を選択する

 

コンビニATMは、カードを入れると取引開始になりますが、イオン銀行ATMやゆうちょ銀行ATMなどは、先に表示画面を操作してからカードを入れる順番なので、お間違えのないようにしてくださいね。

低金利で人気の銀行カードローン
  • ATM利用手数料はいつでも無料
  • 低金利だから借り換えにも最適
  • 明細の郵送なし!秘密厳守
  • 利用限度額最高1,200万円
 金利  年0.99%〜14.79%
 限度額  最大1,200万円
 最短融資時間  最短即日利用可能
矢印
申し込み