住信SBIネット銀行カードローン審査は他社借り入れあっても通る?

住信SBIネット銀行は他社借り入れがあっても大丈夫?

収入

住信SBIネット銀行カードローンを借換えローンやおまとめローンで利用しようと思っている方も多いと思います。

 

そんな時に気になるのが「他社借入があっても借入出来るのか?」ということです。

 

ですので、まずはその点について紹介していきます。

 

住信SBIネット銀行カードローンなら他社借入があっても大丈夫!

住信SBIネット銀行カードローンは他社に借入があるから融資を行わないという決まりを設けていません。住信SBIネット銀行カードローンが定めている審査にさえ通過すれば、他社に借入があっても新しくカードローンを利用することが出来ます。ただし、あまりにも現在の残高が大きいようだと、審査に落ちる可能性もあるので、そこだけは気を付けて下さい。

 

低金利だからおまとめ・借換えに適している!

住信SBIネット銀行カードローンの魅力は何と言っても金利が低いことです。ですので、既に借入をしている方にとってみると願ってもない条件となるでしょう。今現在の金利と住信SBIネット銀行カードローンの金利を比較してみて、住信SBIネット銀行カードローンの方がお得だと思ったら早急に乗り換えることをお勧めします。

 

どれくらいのローン残高だと審査に落ちるの?
ローン残高は審査に大きく関わってくる項目ではありますが、いくら残高があると借入出来ないという目安に関しては一切公表されていません。これは、あくまでも予想ですが、その人の収入とローン残高のバランスがカギになっていると思います。ですので、収入が大きければ、ローン残高が大きくても審査に通過できる可能性は高いと言えるでしょう。

矢印
申し込み

他社のカードローンと比較すると?

他社借り入れ

カードローンユーザー必見!住信SBIネット銀行カードローンの低金利

既にカードローンを利用している人は、住信SBIネット銀行カードローンのプレミアムコースの金利を知るとビックリすると思います。

 

金利は年1.59%〜7.99%で超低金利なのですが、所定の条件を満たせば更に0.6%の引き下げも可能です。

 

つまり、0.99%!!

 

1%を切る金利は、住宅ローン並みの低金利です。

 

しかも、最大利用限度額は1,200万円とカードローン業界でも最高値を誇っています。

 

 

他社からの借り換えにピッタリ!

現在、他社から借り入れがある人は、いかに無駄な金利を払っているかということを実感していただくために、主要銀行のカードローンと住信SBIネット銀行カードローンを比較してみましょう。

 

住信SBIネット銀行カードローン(プレミアムコース) :0.99%(通常1.59%)〜7.99%
※2017年2月現在

銀行名 金利
みずほ銀行カードローン(コンフォートプラン) 3.5%〜14.0%
みずほ銀行カードローン(エグゼクティブプラン ) 3.0%〜7.0%
三菱東京UFJ銀行カードローン「バンクイック」 1.8%〜14.6%
三井住友銀行カードローン 4.0%〜14.5%
りそなクイックカードローン 9.0%〜12.475%
りそなプレミアムカードローン 3.5%〜12.475%
ジャパンネット銀行ネットキャッシング 2.5%〜18.0%
セブン銀行カードローン 15.0%
ソニー銀行カードローン 2.5%〜13.8%
楽天銀行スーパーローン 1.9%〜14.5%
じぶん銀行じぶんローン 2.2%〜17.5%
イオン銀行カードローン「BIG」 3.8%〜13.8%
新生銀行カードローン「レイク」 4.5%〜18.0%
オリックス銀行カードローン 1.7%〜17.8%

どうですか?

 

いかに、住信SBIネット銀行カードローンプレミアムコースが低金利かということが御理解いただけましたか?

 

カードローンの利用で金利を払うのは当然のことですが、支払う額は少ないのに越したことはありませんね。

 

そう考える人は、すぐにでも住信SBIネット銀行カードローンに申し込んで、他社からの借り換えをすることをオススメします。

 

 

おまとめにも最適!

住信SBIネット銀行カードローンのプレミアムコースの凄さは低金利だけではありません。

 

利用限度額も、銀行カードローンの中では最高額なのです。

 

住信SBIネット銀行カードローンのプレミアムコースの限度額がいかに高額なのかを他行と比べてみましょう。

 

住信SBIネット銀行カードローン(プレミアムコース) :10万円 〜1,200万円
※2017年2月現在

銀行名 金利
みずほ銀行カードローン(コンフォートプラン) 10万円 〜1,000万円
みずほ銀行カードローン(エグゼクティブプラン ) 200万円〜1,000万円
三菱東京UFJ銀行カードローン「バンクイック」 10万円 〜 500万円
三井住友銀行カードローン 10万円 〜 800万円
りそなクイックカードローン 30万円 〜 200万円
りそなプレミアムカードローン 50万円 〜 800万円
ジャパンネット銀行ネットキャッシング 10万円 〜1,000万円
セブン銀行カードローン 10万円 〜 50万円
ソニー銀行カードローン 10万円 〜 800万円
楽天銀行スーパーローン 10万円 〜 800万円
じぶん銀行じぶんローン 10万円 〜 800万円
イオン銀行カードローン「BIG」 30万円 〜 800万円
新生銀行カードローン「レイク」 1万円 〜 500万円

 

ご覧のように、住信SBIネット銀行カードローンのプレミアムコースが最高金額なことがわかりますね。

 

ですから、住信SBIネット銀行カードローンプレミアムコースは「おまとめローン」にも最適なのです。

 

カードローンで1,200万円もの限度額があれば、余程の借金まみれでなければ十分な金額だと思いますよ。

 

 

金利が1%違うと利息はいくら変わるの?

例えば、100万円を金利1%で借りると、1年で1万円の利息がつきますね。金利が2.0%まで高くなると、年間で2万円の利息額に増えてしまうのです。

 

ですから、前の項目であげた銀行の中で最高金利は18.0%ですから、その金利が適用されると年間18万円もの利息を払うことになるのです。

 

たかだか1%と言っても、きちんと計算すると大きい金額になることがわかります。

 

ちなみに、住信SBIネット銀行カードローンのプレミアムコースの最低金利は0.99%ですから、100万円を1年間借りても利息はたったの9,900円!ナント!1万円を切ってしまうんですよ!!

 

最高金利の7.99%でも79,900円!

 

某銀行の18万円と比べると、1年間で10万円以上の節約になります。

 

他行の金利とこんなに違うのですから、現在カードローンを利用している人は、住信SBIネット銀行カードローンプレミアムコースに借り換えない手はありませんね!

 

 

おまとめは金利以外にもメリットが

複数のカードローンを利用しているデメリットは金利だけではありません。返済日や返済額がバラバラで、管理するのも面倒ですね。

 

そんな苦労も、おまとめにして借り換えれば一気に解決します。

 

住信SBIネット銀行カードローンは借り換えやおまとめにも積極的なので、安心して申し込むことができますよ。

低金利で人気の銀行カードローン
  • ATM利用手数料はいつでも無料
  • 低金利だから借り換えにも最適
  • 明細の郵送なし!秘密厳守
  • 利用限度額最高1,200万円
 金利  年0.99%〜14.79%
 限度額  最大1,200万円
 最短融資時間  最短即日利用可能
矢印
申し込み