住信SBI銀行カードローンば在籍確認がある?

低金利で人気の銀行カードローン
  • ATM利用手数料はいつでも無料
  • 低金利だから借り換えにも最適
  • 明細の郵送なし!秘密厳守
  • 利用限度額最高1,200万円
 金利  年0.99%〜14.79%
 限度額  最大1,200万円
 最短融資時間  最短即日利用可能
矢印
申し込み

住信SBIカードローンの在籍確認は?

本人

住信SBIネット銀行カードローンで契約をするには@本人確認A在籍確認B収入証明の3つが必要になってきます。

 

審査に通過しても、これら3つをパスしないと、契約をすることが出来ないので、くれぐれも気を付けて下さい。

 

本人確認とは?
住信SBIネット銀行カードローンの本人確認は、審査時に入力した情報に偽りがないかどうかをチェックする為のものです。これに偽りがあると審査を通っていても、契約をすることが出来ないので気を付けて下さい。尚、この際には本人確認書類の提出が必要となっており、運転免許証やパスポート、健康保険証のコピーが必要です。

 

在籍確認とは?
在籍確認とは、審査時に申告した会社に、あなたが本当に在籍しているのかどうかをチェックする為のものとなっています。具体的な方法としては、会社への電話連絡です。住信SBIネット銀行カードローンの担当者が会社に電話をして、あなたに繋がるかどうかで、在籍確認の完了となります。

 

収入証明とは?
借入希望金額が100万円を超える場合のみですが、収入証明書の提出が必要になります。源泉徴収などの収入を証明する書類を提出することで証明となります。ただ100万円以下の借入に関しては提出の義務はありません。しかし、個人事業主の方になってくると100万円以下の借入でも提出を求められるケースがあります。

 

以上が、住信SBIネット銀行カードローンの契約で必要な手続きとなっています。

 

収入証明書に関しては、直ぐに準備することが難しかったりするので、住信SBIネット銀行カードローンの利用を考えている人は事前に準備しておくと良いでしょう。

住信SBIネット銀行カードローンの在籍確認方法は?

できれば避けたいローンの在籍確認

確認

カードローンやクレジットカードなどに申し込むと、審査の過程で在籍確認が行われることがあります。

 

在籍確認とは、審査をしている銀行や保証会社から申し込み者の勤務先へ電話をして「本当に申告された勤務先に勤務しているか」を確認することを言います。

 

最近では、在籍確認をしない銀行や必要な場合だけ在籍確認をするという銀行が増えてきているので必ずしも実施されるわけではありませんが、基本的には何らかの連絡があると覚悟をしておいた方が良いと思います。

 

 

在籍確認は会社バレしない?

消費者金融カードローンの在籍確認は個人名で電話をかけてきますが、銀行カードローンは銀行名を名乗ります。

 

会社の人にバレないか不安になりますよね。

 

特に「お金を借りる」という行為は、後ろめたさや恥ずかしいというデリケートな問題なので、職場の人には知られたくないと思うのは当然です。

 

そんな気持ちの最中に「○○銀行ですが××さんは、いらっしゃいますか?」なんて電話がかかってきたらと思うと、不安になる人も多いと思います。

 

ちなみに、銀行が個人名で在籍確認をしないのは、「偽名や個人名ではなく、銀行名を名乗ること」と法律で決まっているのだそうです。

 

でも、幸いなことに銀行はカードローンよりも住宅ローンや証券取引、預金などのイメージが強いので、銀行から電話があってもカードローンを連想する人は少ないようです。

 

それでも心配な人は、「クレジットカードを作ったので、銀行から在籍確認の電話がくるかもしれないのでヨロシクね!」と勤務先の人に根回しをしておけば完璧でしょう!

 

 

在籍確認は何のために行うの?

 

そもそも、審査の流れで何で在籍確認などという工程があるのでしょうか?

 

答えは簡単です。カードローン申込者の収入源を確認するためです。

 

カードローンは無担保の少額ローンですが、それでもきちんと返済してもらうためには事前に収入源を確認しておくことは当り前です。

 

一般的にカードローンの場合は300万円(地方銀行の場合は500万円という銀行もあります)以下の希望額については収入証明(所得証明)の提出は不要ですので、書類による確認はできません。

 

又、書類提出による勤務先の確認では時間がかかりますから、スピード審査には不向きで実用的ではありません。

 

それよりは、勤務先に電話をかけて確認した方が手っ取り早いわけです。ですから、電話による在籍確認が行われるのです。

 

 

在籍確認に応じない会社もある

近年は個人情報保護法によって、個人のプライバシーや情報の取り扱いについて厳しく管理している会社も多くなっています。

 

そんな中で、在籍確認には一切応じないという企業も出てきています。

 

個人情報保護の観点なのか、勤務時間中に業務と関係ない電話は取次がないという経営理念なのか事情は企業によって異なるでしょうが、これでは在籍確認はできませんね。

 

このような企業の中には、在籍証明書を発行することで対応しているところもありますので、自分の勤務先は在籍確認に対してどのような対応をとっているかを事前に確認しておいた方が良いでしょう。

 

折角、仮審査に合格しても在籍確認が取れなかったという理由で審査が打ち切られたのでは、残念すぎますからね。

 

 

住信SBIネット銀行カードローンは在籍確認をするの?

住信SBIネット銀行カードローンは在籍確認はあるのかと言いますと、本審査の段階であります。

 

審査の流れを以下にまとめておきます。

 

1.申し込み
 住信SBIネット銀行カードローンのサイトで「お申し込みはこちら」をクリックして申し込み画面を開き、必要事項を入力します。

 

2.仮審査
 入力した情報をもとに仮審査が開始されます。

 

3.仮審査結果通知
 申し込み情報で入力した際のメールアドレスとメッセージボックスに仮審査結果が送信されてきます。
 メールに記載されている仮審査承認額と金利を確認します。

 

4.本審査
 本人確認のために、勤務先や携帯電話などに電話連絡が入ります。この段階が、いわゆる在籍確認です。在籍の確認が取れなかった場合は、カードローンの申し込みを取り下げられてしまうこともありますので、非常に重要な工程です。

 

5.手続き完了
 カードローン口座を開設後、メールとメッセージボックスに通知がきて、借入れが可能になります。

 

 

在籍確認は本人が不在でも大丈夫?

このように、審査結果に大きく影響する在籍確認ですから、絶対に失敗は許されません。

 

在籍確認でかかってきた電話を運よく本人が取ることができれば理想的なのですが、当日の朝からデスクにしがみついているわけにもいきませんし、営業や外勤の人は自分で電話を受けることは不可能です。

 

では、本人が不在の場合、在籍確認はどうなるのでしょうか?

 

心配は要りません。銀行員「○○さんはいらっしゃいますか?」

 

勤務先会社員「あいにく、○○は外出中です」または「席を外しております」

 

これでOKなのです。

 

外出中でも席を外していても、その会社の社員である証明はとれたのですから、在籍は確認できたわけです。

 

 

在籍確認をスムーズに突破するためには!?

在籍確認で失敗しないためには、会社内にアナタの存在を知らせておくことです。まず、呼び名だけでなく本名を知ってもらうことが第一です。

 

呼び名しか知らない人がいると「○○という者は弊社にはおりません」なんて最悪なことになってしまいますからね。

 

同様に、新人さんや新入社員がいたらば、積極的に存在をアピールしておくことです。

 

「電話を取るのは新人の役目」としている企業が多いので、彼らに名前を覚えてもらうことは必須ですよ!

低金利で人気の銀行カードローン
  • ATM利用手数料はいつでも無料
  • 低金利だから借り換えにも最適
  • 明細の郵送なし!秘密厳守
  • 利用限度額最高1,200万円
 金利  年0.99%〜14.79%
 限度額  最大1,200万円
 最短融資時間  最短即日利用可能
矢印
申し込み