住信SBIネット銀行カードローン審査は個人事業主も通りやすい?

住信SBカードローンは個人事業主でも借りられる?

個人事業主

個人事業主の方になってくるとローンの利用に際して「個人事業主でも借入出来るのか?」ということが気になる点だと思います。

 

通常、銀行で借り入れをしようとした場合、「個人事業主だから」といった理由だけで融資を断られてしまったり、厳しい審査を課せられることがあるのですが、住信SBIネット銀行カードローンだとどうなのでしょうか。

 

住信SBIネット銀行カードローンなら個人事業主でも借りられる!

住信SBIネット銀行カードローンは個人事業主の方への融資も行っていますので、問題なく借り入れをすることが可能です。ただし、当然のことながら、審査に通過する必要はあります。審査にさえ通過すれば、後はいつでも好きな時に発行されたカードを使っての借入が可能となってきます。

 

やっぱり、審査は厳しいよね?
住信SBIネット銀行カードローンは個人事業主に対して審査が厳しいのでしょうか。ネットではそんなことも囁かれてはいますが、実際はそうではなく、他の方と変わらない平等な審査が実施されていますので安心出来ます。

 

事業資金に使いたいけれども…OK?
個人事業主の方になってくると、借り入れの目的が事業資金の調達だったりすることもあるでしょうが、個人名義で借り入れをして事業資金に遣うことは出来るのでしょうか。答えはもちろんYESです。会社経営になってくると、こうはいきませんが「個人事業主」という立場であれば、個人名義で借入したお金を事業資金に回しても問題はありません。

矢印
申し込み

住信SBIカードローンは個人事業主でも借りられる?

個人事業主

個人事業主ってなに?

個人事業主という言葉は聞いたことがあると思います。個人で何らかの商売や事業を行うことで、自営業もそれに該当します。

 

個人事業というと会社みたいでカッコいいですが、その正確な解釈は「会社などの法人を設立せずに自ら事業を行っている個人」のことなので、個人事業主と言っても小規模企業の社長さんとは全く違います。

 

 

個人事業主の属性は?

別の記事でも説明していますが、カードローンの審査には「安定継続した収入が望めるか」という審査と「信用できる人格か」という審査があります。

 

前者の審査は、個人の収入源を確認するために勤務環境や雇用形態、年収などをランキング分けして採点する方式で行われます。

 

勤務環境による属性ランキングは以下のようになります。

 

公務員・大企業の正社員 > 中小企業の正社員 > 契約社員・派遣社員・パート・アルバイト・自営業(個人事業主) > 無職・専業主婦

 

このように、個人事業主は下から数えて2番目、パートやアルバイトと同じ属性にランキングされているので、カードローン審査では不利な属性であると言えます。

 

 

属性ランキングの根拠はなに?

前の項目で分類された属性ランキングに不満がある人は多いと思います。

 

「契約社員や派遣社員がパートと同じ属性はおかしいだろ!」

 

「個人商店を営業している自営業でアルバイトを雇っている個人事業主が雇われているバイト君と同じ属性なわけがない!」

 

など、一般常識的な立場の分類とカードローン審査における属性ランキングには、若干のズレがあります。

 

これは、カードローンの利用条件で必須ともいえる「安定継続した収入があるか?」という観点からの分類なので一般常識とは異なるのです。

 

 

安定継続した収入とは何か?

簡単に言うと、「現在の収入が今後も維持できる可能性はどのくらいあるか」という事です。

 

つまり、「つぶれにくい勤務先か?」ということと「クビになりにくい雇用条件か?」という2点が確保されているかどうかということなのです。

 

ですから、公務員は最高の属性ですし、同じ正社員でも大企業の方が中小企業よりも倒産しにくいので高い属性になるのです。

 

逆に、すぐにでもクビになる可能性が高い派遣社員や契約社員、当日でも辞められるパートやアルバイトなどは、フリーターと呼ばれる業種に分類され就業者の属性では一番低いランキングになっています。

 

それらに比べれば個人事業主や自営業はランキングが上でも良さそうですが、残念ながらフリーターと同じ扱いになっています。

 

 

個人事業主

条件によってはアルバイト以下の評価になることも!?

個人事業主がアルバイトよりも評価が低くなる!?そんなバカなこと、あるわけがない!!

 

と声を荒げる自営業の人もいると思います。

 

しかし、属性審査の目的は「安定継続した収入の検証」ですから、そういう可能性だってあるのです。

 

例えば、ある町で八百屋さんを営業している人がいたとします。ある日、その町に大手スーパーマーケットが進出してきました。

 

そのスーパーマーケットには八百屋さんコーナーもあり、バイトさんもいます。

 

当然、個人経営の八百屋さんは売り上げが落ちてしまうことが予想されますね。

 

この二人を属性審査をした場合、自営業の八百屋さんと大手スーパーマーケットの八百屋コーナーのアルバイトでは、どちらが今後において安定継続した収入が望めるか?ということなのです。

 

状況によっては、スーパーマーケットの八百屋さんの方がつぶれにくいので、アルバイトの方が安定していると判断されるかもしれません。

 

 

個人事業主がカードローン審査をクリアするためには?

景気変動の影響を受けやすい個人事業主がカードローン審査を通過するためには、「いかに安定しているか」という実績を積み上げるしかありません。

 

そのためには、黒字申告を継続することです。

 

個人事業主の人に良くみられる「税金対策」として、経費をバンバン使って所得を下げるという手法があります。確かに確定申告では有効な方法ですが、カードローン審査では逆効果になってしまいますから絶対にいけません。

 

ましてや赤字申告は論外です。赤字申告を数年継続すれば、カードローン審査も落ちやすくなります。

 

黒字申告の継続は会社員の勤続年数と同じなので、住信SBIネット銀行カードローンクラスでは最低でも3年以上のキャリアは必要ですね。

 

 

住信SBIネット銀行カードローンのメリットを生かすには?

住信SBIネット銀行カードローンの最大のメリットは、プレミアムコースでの契約です。

 

プレミアムコースは、最大利用金額が1,200万円と超高額で、金利が年1.59%から7.99%と超低金利なことです。

 

スタンダードコースでは他行のカードローンよりもスペック的には劣るので、是が非でもプレミアムコースで契約したいところです。

 

 

プレミアムコースで契約するには?

住信SBIネット銀行カードローンを申し込むにはプレミアムコースでなければメリットがありませんが、残念ながら申し込み側ではプレミアムコースとスタンダードコースの選択ができません。

 

どちらのコースになるかは、審査によって住信SBIネット銀行側で決定されます。では、意に反してスタンダードコース可決されたら?

 

その時は、スタンダードコースで借り入れと返済を繰り返して実績を作ることです。

 

実績を作って完済したところで一旦スタンダードコースを解約すれば、再び住信SBIネット銀行カードローンの審査に申し込んでプレミアムコースにチャレンジすることができるのです。

 

この間に黒字申告も継続していれば、個人事業主としての実績も積み上がっていきますから、プレもアムコースへの道へステップアップして行けるはずです。

低金利で人気の銀行カードローン
  • ATM利用手数料はいつでも無料
  • 低金利だから借り換えにも最適
  • 明細の郵送なし!秘密厳守
  • 利用限度額最高1,200万円
 金利  年0.99%〜14.79%
 限度額  最大1,200万円
 最短融資時間  最短即日利用可能
矢印
申し込み