住信SBIネット銀行はおまとめローンの審査甘い?

住信SBIネット銀行のおまとめローンは審査が甘い?

おまとめ

住信SBIネット銀行カードローンの利用限度額は最高1200万円。他の銀行と比較しても上限とはいえかなり高くなっていることがわかります。また金利を見てもプレミアムコースの金利は0.99%〜14.79%とカードローンでは破格の安さになっています。

 

これだけの条件のよさで借入れが出来れば、他の借金の借り換えやいわゆるおまとめローンとして上手に利用することも出来るのできるはずです。そもそも、住信SBIネット銀行カードローンはおまとめローンで利用することが出来るのでしょうか。

 

住信SBIネット銀行カードローンはおまとめ可能!

嬉しいことに、住信SBIネット銀行カードローンはおまとめローンとして利用することが出来ます。ですので、現在複数のカードローンを借り入れをしている方は、思い切っておまとめをするのが良いでしょう。方法は至って簡単です。

住信SBIネット銀行カードローンで新しく借り入れをして、その借入した金額を現在の借入先に返済するだけでOKです。あとは、低金利での返済をしていくだけです。

住信SBIネット銀行カードローンは他社と比べて圧倒的に金利が低いので、早めにおまとめをしたほうが最終的な返済金額を少なくすることが出来ます。

 

おまとめローンってお得?
住信SBIネット銀行カードローンのおまとめローンはかなりお得なのですが、絶対に誰でもお得になるのでしょうか。残念ながら、これについてはNOです。

残りの残高や返済期間によっては、おまとめした方が損になるケースもあります。ですので、単純に考えず、しっかりと事前にシミュレーションをして、住信SBIネット銀行カードローンでおまとめした方が得なのかどうかを考えるようにしましょう。

 

おまとめ出来ないケースはない?
住信SBIネット銀行カードローンはおまとめローンを認めているので、基本的に、おまとめ出来ないケースというのは存在しません。ですので、自分で調べてみておまとめした方が得だと思ったらおまとめローンをしましょう。

矢印
申し込み

住信SBIネット銀行おまとめローンのメリットは?

おまとめローンとは?

本人

「おまとめローン」「ローンのおまとめ」とは、複数のローンを利用している人が、新規のローンを申し込んで現在借り入れているローンを一括返済する方法です。

 

具体的な説明をしますと、A,B,Cの3社からカードローンを利用しているが、D社のカードローンを新たに組んで、その借り入れでA,B,C社に一括返済する方法です。

 

その結果、A,B,Cの借り入れは完済でき、C社にだけ返済すればよくなるわけです。

 

 

おまとめローンには、どんなメリットがあるの?
複数のカードローンを利用していると、返済日や返済金額がばらばらなので管理が大変です。ですから、これを1本化するだけでも心理的な負担は大きく軽減されます。

 

利息に関しても複数のカードローン会社に個別に支払うよりも、1社にまとめて支払うほうが計算はしやすいですね。

 

また、金利に関しても住信SBIネット銀行カードローンのように安いところを選ぶことで新たなメリットが発生します。

 

ですから、複数のカードローンを利用している人は、1社に「おまとめ」したほうが効率的なのです。

 

 

複数のカードローン利用者に対する審査での評価
複数のカードローン会社から借り入れがある人は、「多重債務者」と呼ばれています。

 

この言葉は金融業界では、決して良い意味ではありません。

 

なぜなら、多重債務者は「1社のカードローンでは解決できない金銭感覚がだらしない人」とか「1社では間に合わないくらいお金に困っている人」というイメージを持たれるからです。

 

どのカードローン会社でも多重債務には敏感で、新規でカードローンを申し込む際には「現在の借り入れ件数」と「現在の借り入れ総額」を必ず確認されます。

 

このように多重債務者は、要注意人物としてチェックされるということなのです。

矢印
申し込み

 

 

多重債務は黙っていればバレない?

カードローン審査に不利になるならば、多重債務については申告しなければ良いんじゃない?と軽く考える人もいると思いますが、それは絶対にダメです。

 

なぜかというと、金融業者やクレジットカード会社はウラでつながっているのです!

 

ちょっと大げさに言いましたが、それは本当の話です。

 

金融業者、クレジットカード会社などは「個人信用情報機関」という情報共有グル―プに加盟しており、自社で取り扱った案件や情報を随時報告しているのです。

 

個人信用情報機関の情報は、加盟業者が入会希望者の審査を行うたびに随時更新されていますので、申し込み者の個人情報を入力するだけで、すぐに個人データーを照会することができるのです。

 

ですから、多重債務に関して自己申告しなくてもカードローン会社は全てを把握できてしまいますから、嘘の申告はすぐにバレてしまうのです。

 

 

多重債務は一本化すべき

カードローン審査では、借入金額よりも借入件数が問われます。

 

例えば、1社から100万円借りている人と3社から30万円ずつ借りている人では、1社から100万円借りている人の方がマシと判断されるのです。

 

その理由は、1社から100万円借りている人は「この人は他社で100万円もの利用限度枠を勝ち取った人だから、それなりに信用できる」という前向きな評価がもらえますが、3社から30万円ずつ借りている人は、「30万円しか利用限度枠がもらえない信用が浅い人だから3社も回ったんですね」というマイナス評価につながるからなのです。

 

ですから、カードローンを利用するならば、借入先は1社にまとめておいた方がカードローン業界では「良し」とされているのです。

 

 

おまとめする際の条件

ここまでの話で、多重債務は1本化したほうが良いという事は御理解いただけたと思います。

 

でも、やみくもに借入先を決めてはいけません。

 

おまとめするのに向いているカードローンとそうでないものがあるので、しっかりと見極めた上で行動に移らなければ失敗してしまいます。

 

ここでは、おまとめに向いているカードローンについて考えてみたいと思います。

 

1.融資金額が大きいこと
せっかく審査に合格して「おまとめローン」を実行しようと思った時に、現在の借入れ総額を計算したら限度額に足りなかったのでは意味がありません。 今後のことも考えて、利用限度額が大きいカードローンを探しましょう。

 

2.金利が低いこと
おまとめする際には、適用金利を確認しておきましょう。現在の金利よりも同じか低い金利のカードローンを探さなければ、おまとめローンは失敗してしまいます。

 

3.おまとめや借換えに積極的なカードローンを探す
銀行カードローンは、特に多重債務を嫌います。一般的に多重債務は、2社でギリギリ、3社で否決と言われています。しかし、中には「おまとめローンとして利用したい」と申し込み時に付け加えておくと審査で不問になる銀行があるようです。

 

住信SBIネット銀行カードローンなどのようにインターネットのトップページに「借り換えやおまとめに最適」などの文字があれば、借り換えやおまとめにも積極的なカードローンなので、トライしてみる価値は十分にありますね!

 

 

住信SBIネット銀行カードローンなら「おまとめ」に最適

ここまでの条件を満たしている銀行はあるのか?

 

借り換えやおまとめに積極的なカードローンはなるのか?

 

そんな人は、是非、住信SBIネット銀行カードローンのサイトへアクセスすることをオススメします。

 

住信SBIネット銀行カードローンのプレミアムコースなら最大利用限度額が1,200万円、金利は年1.59%(0.99%まで割引アリ)〜7.99%と超低利なので、借り換えやおまとめに最適です。

 

現在のカードローン金利に不満な人、おまとめ先を探している人は、一見の価値アリです。

 

善は急げ!借り換えやおまとめは時間が勝負です。

 

1日延びれば、その分高い金利を払う回数が1回増えるのですよ!!

 

ちりも積もれば何とやらです!

 

矢印
申し込み

住信SBIネット銀行カードローンはなぜ借り換えに最適なの?

カードローンの借り換えとは?

パソコン

まず、お話を進める前に「カードローンの借り換え」について説明しましょう。

 

カードローンの借り換えとは、現在のローンよりも低金利なローンから融資を受けて、現在のローンを一括返済して新規のローンに乗り換えることを言います。

 

また、複数の銀行や消費者金融からローンを借りている場合にそれらをまとめて整理するために借り換えを行うことが多くなっていますが、この場合必ずしも金利が安いものに借り換えるとは限りません。

 

式化すると、以下のようになります。

 

現在のローン金利 > 新規のローン金利  = 借り換えた方がお得

 

このような手法は、長期間に渡り多額の返済を続ける住宅ローンでは効果は大きいですが、金利が高いカードローンでも「借り換え」は有効な手段だと言えます。

 

 

カードローン借り換えの具体例

今の説明では具体性に欠けるので分かりにくかったかもしれませんので、もう少し具体的に説明したいと思います。

 

カードローンには、アコムやプロミス、アイフル、モビットなどの消費者金融(いわゆるノンバンク)の商品と都市銀行やネット銀行などの銀行カードローンがあります。

 

消費者金融系カードローンと銀行カードローンの大きな違いは「金利」です。消費者金融カードローンの最高金利は18.0%弱に設定されていることが多く、銀行カードローンの場合は14.0%前後が最高金利として多く採用されています。

 

仮に100万円を1年間借りたとすると、消費者金融カードローンでは18万円、銀行カードローンでは14万円の利息が発生します。

 

たかだか4%の差ですけれど、1年間で4万円も利息の差がついてしまうのです。

 

もし、消費者金融カードローンから借り入れをしている人が銀行カードローンのカードローン借りられるとしたら・・・?

 

銀行から100万円を借りて消費者金融へ一括返済をして、以降は銀行へ返済していけば、年間4万円の無駄な出費を防ぐことができるのです。

矢印
申し込み

 

 

なぜカードローンを借り換えようと思うのか?

平成生まれの若い人は「カードローン」や「キャッシング」というオシャレな言葉に象徴されるように、金融業者からお金を借りることに抵抗を感じることは少ないかもしれませんが、私のような昭和生まれの人間では「サラ金で借金する」という暗いイメージがあるので、なかなか借り入れるための一歩が踏み出せません。

 

そんな人がカードローンを利用するときはさすがに切羽詰った事態なので、複数のカードローンを比較検討している余裕はありません。

 

これは、カードローン初心者でも同じことが言えると思います。

 

その結果、「すぐ借りられる」「近くに自動契約機があった」などの理由で、手っ取り早くカードローンを決めてしまうのです。

 

そんな人たちが急場を凌げて精神的に余裕ができ、インターネットや広告を見ていると「もっと低金利なカードローンがたくさんあるじゃん!」と気が付くわけです。

 

他にも様々な事情で複数の金融機関からお金を借りるようになってしまった状況をおまとめすることで、返済状況を改善することができる場合もあります。

 

 

カードローンの借り換えは悪いことではない

金利が低いカードローンの方が良かった・・できることなら、こっちのカードローンにしたい!

 

現在よりも良い商品を見つけると、誰でも考えることだと思います。ショッピングの場合、そんな理由で返品は受け付けてくれませんね。

 

しかし、カードローンの場合は「それもアリ」なのです。「借りたお金は返せば良い!」のです。当然、利息はつけますけどね(笑)

 

カードローン会社は、きちんと返済されれば問題ないわけですから、他に低い金利のカードローンを見つけたから借り換えると言っても「この金利で借りたんじゃないか!」なんて文句は言いません。

 

ですから、借り換えは何も問題や心配はないのです。

 

まして、日本人にありがちな「困っていた時に助けてくれたから」なんて義理や負い目を感じる必要も皆無です。

 

むしろ条件が良いカードローンがあったら、どんどん借り換えるべきなのです!

 

 

借り換えのポイントは

ずばり!金利を安くすることに尽きます。

 

しかし、気を付けなければいけないことに「約定返済額」というものがあります。

 

これは毎月の最低返済額のことで、借入れ残高に応じて設定されていることが多く、金融機関によって金額がバラバラです。

 

せっかく金利が安くなっても、月々の返済額が多くなって家計を圧迫してしまったら借り換えた意味がありませんので、事前にホームページなどで月々の返済額をチェックしておく必要があります。

矢印
申し込み

 

 

借り換えに効果があるカードローンは?

住信SBIネット銀行カードローンの「ミスターカードローンプレミアムコース」です。オススメのポイントは、超低金利なことです。

 

プレミアムコースの年0.99%〜年7.99%は他に類を見ないほどの低い金利です。

 

更に最大利用限度額が1,200万円という高額なので、大抵の借り換えには対応できます。

 

その上、所定の条件を満たせば、この超低金利がさらに引き下げになるサービスもあります。

 

セブン銀行やビューアルッテのATMはいつでも地用手数料が無料、ゆうちょ銀行やイーネット、ローソンのATMは毎月5回まで無料で利用できる点も、無駄な出費を抑えられるので大きなメリットといえますね。

 

1回216円の手数料だって、5回も払えば1,000円を超えてしまいますからね。

 

 

住信SBIネット銀行カードローンなら月額返済額も低い

先ほども申し上げましたが、いくら金利が低くても月額の返済額が大きければ月々の返済は返って負担になってしいます。

 

住信SBIネット銀行カードローンなら毎月の返済額は2,000円からなので安心です。

 

ただ、気を付けなければいけないことは、毎月の返済額が少ないという事は支払回数が増えるため借入期間が長くなるということなのです。

 

長期間になれば、いくら低い金利でも払う回数が増えるために、最終的には返済総額の上昇につながってしまいます。

 

せっかく、低金利の住信SBIネット銀行カードローンに借り換えても、これでは意味がありませんね。

 

ですから、ミスターカードローンに借り換えることによって月々の返済額が減るようでしたら、その分は随時返済に充てることをオススメします。

低金利で人気の銀行カードローン
  • ATM利用手数料はいつでも無料
  • 低金利だから借り換えにも最適
  • 明細の郵送なし!秘密厳守
  • 利用限度額最高1,200万円
 金利  年0.99%〜14.79%
 限度額  最大1,200万円
 最短融資時間  最短即日利用可能
矢印
申し込み